埼玉県熊谷市のパワーストーン、クラスターや天然石ならストーンボックスへ

経営者インタビュー

  • HOME »
  • 経営者インタビュー

経営者インタビュー

株式会社ショーシン 代表取締役 山田真奈美 × タレント 川崎麻世

家業の印刷・印鑑を残しながら次期へ向けて新事業に取り組む

川崎 今日は、株式会社ショーシンの山田真奈美社長と、ご子息である山田瑞樹常務にうかがいます。もともと印刷、印鑑の製造販売が主だそうですが、現在はパワーストーンも扱ってらっしゃるんですね。どのように事業を変えて来られたのでしょうか。

 

山田(真) 父と母が、縁結びで有名なこの妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)の地で印刷と印鑑の会社を始めて50年以上になります。当時は絵画ブームや母の趣味もあり、画材の販売や画廊の運営も行っていましたが、ブームの衰退もあり絵が売れない時代になりました。そこで、私の代表取締役就任を機に、思いきって絵と画材を片付け、新たにパワーストーンの販売を始めたんです。

 

川崎 歴史のあるお店で新しい商材を扱うのは、大きな変化ですね。

 

山田(真) 実は三年ほど前、当時の社長であった兄が海外に移り住むことになり、両親もそう若くないので、必然的に私が後を継ぐことになったんです。しかし印刷業界も価格競争が激しく経営も厳しい状況でしたので、続けるのがいいのか、やめたほうがいいのか本気で悩みましたね。そんな時、息子が「ゆくゆくは自分が継ぐから」と後押しをしてくれ、続ける決意をしました。自分の仕事を辞めてまで、継ぐと言ってくれた息子に、将来いい状態で会社を引き継いであげたいじゃないですか。それで当時ブームになり始めたパワーストーンを取り入れようと、仕入先や石のことを勉強しました。

 

川崎 山田常務はご自分のお仕事があったにも関わらず、勇気あるご決断をされましたね。

 

山田(瑞) 不景気な時世に家業が傾きかけている状況で、勤めに出るのがいいのか、継ぐのがいいのか、と悩みましたが、やはり家業が優先だと思ったんです。現在は会社のモバイルサイトやWebの管理で前職のSEの経験を活かしています。

 

川崎 地元を離れる若い世代も多いというのに、すばらしいです。

 

山田(真) 本当に息子には勇気をもらいました。一人では難しくても、二人ならできることも多いですよね。現在はスタッフにも恵まれて、みんな同じベクトルに向かっているので、会社の力が何倍にもなっていると感じています

 

川﨑 確かに、どれだけ同じ方向を向いていけるかが大事なところですよね。1階の印刷所や、パワーストーンの商品も見せていただきましたが、ラリマーやカイヤナイトなど、良い石を置いてらっしゃいますね。

山田(真) ええ。小さなお店だからこそできるキメ細やかな仕入を心がけています。川﨑さんもジュエリーデザインをされているから、石にはお詳しいですね。

川﨑 7年ほど前から自分でもパワーストーンを目的に合わせて身につけています。潜在的なものもありますが、「石を身につけているから」 と、自分の意識が高まることがあると思うんですよ。お買い上げになったお客様から、反響もあるでしょう。

山田(真) 反響は大きいですね。効果を報告に来てくださって、帰りにまたご購入いただくことも多いんですよ。そんなお客様の笑顔が、何より励みになります。たとえば恋愛を求めてらっしゃる方にはローズクォーツ、お仕事運を求めてらっしゃる方にはブラックルチルをお勧めするなど、ご要望に合わせてお選びしていますので、その効果を喜んでいただけると、お勧めした甲斐があったな、と思いますね。

川﨑 お客様の笑顔が、仕事の喜びなんですね。

種類豊富なパワーストーン。選び方や浄化の方法も教えてもらえる

山田(真) はい。当社は 「笑顔と感謝」 をモットーにしているんですよ。一人でも多くのお客様に 「笑顔」 になっていただき、同時に私たちスタッフも石に囲まれ、毎日幸せな気分で働けることに 「感謝」 です。

山田(瑞) 地域のお祭りのポスターや妻沼聖天山のパンフレットも当社で印刷させていただいているんです。ちょうど妻沼聖天山は250年ぶりに改修され、「縁結びの町」 として町興しが活発になっていますので、ご参拝の帰りにでも当店にお立ち寄りいただけたら嬉しいです。地元の皆さんのおかげで、印刷というかたちで地域に貢献できていることにも本当に感謝しています。

川﨑 感謝の心を持てば、何が起きても 「おかげで精進できる」 とマイナスもプラスに変えられます。さらに、みんなで同じベクトルに向かっていけたら怖いものなしですよ。

山田(真) 当社では朝礼の最後に必ず 「今日も一日笑顔で元気に頑張りましょう。ひとつになろう日本。ひとつになろうショーシン」 と毎朝大きな声を出しています。こうして声をかけあって心を開けば、すべてがプラスに変わると思っています。

川﨑 笑顔と感謝の気持ちを忘れず、スタッフの皆さんとひとつになって会社をさらに盛り上げていってください。次期社長のご活躍にも、期待しています!

:: 企業情報 :: 株式会社ショーシン

〒360-0201 埼玉県熊谷市妻沼1250

URL http://www.sss-shoshin.co.jp/

山田(真)、川﨑麻世さん、山田(瑞)

b-plusの取材にて

 

TEL 048-588-0246 営業時間:9:00 - 18:00
定休日:日・祝・夏期・年末年始

PAGETOP
Copyright © 株式会社ショーシン All Rights Reserved.